児童扶養手当:助成金・給付金のお役立ち情報


« 児童育成手当 | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 児童手当(平成18年改正) »

児童扶養手当


ご主人に先立たれたり、離婚や未婚の母が、生活を支えて行くには、かなり厳しいです。そんな状況の中、子供をひとりで育てていかなければならない母子家庭を応援するお金が、この児童扶養手当です。

●いくらもらえる?
子供が18歳になるまで、最大月額42
000円がもらえます。
支給額は、母親の所得額によって段階的に設定されています。
・子供1人 課税所得57万円未満    →42
000円(全額支給)
課税所得57万円~230万円  →41
990円~ 9
910円(一部支給:10円刻み)
・4月、8月、12月の年3回、それぞれ4か月分がまとめてもらえます。
・子供が18歳の誕生日を迎えた後の3月分までもらえます。
・子供2人目 プラス5
000円 子供3人目以上 プラス3
000円

(注)母親が児童の父親から養育費を受け取っている場合は、その8割が所得として扱われます。

●手続き方法
【対象者】18歳未満の子供を持つ母子家庭
【届出先】市区町村役場
【期 限】随時(できるだけ早めに)
【必要なもの】児童扶養手当認定請求書 戸籍抄本 収入証明書など

●ワンポイントアドバイス父親が重度の障害者である家庭は、離婚や死亡していなくてももらうことができます。

キーワードでサイト内を検索