技能修得手当:助成金・給付金のお役立ち情報


« 傷病手当 | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 寄宿手当 »

技能修得手当


技能修得手当は、失業中に新しい技術をしっかり身につけたい人を支援する給付金です。
都道府県や雇用・能力開発機構が運営する公共職業能力開発施設で新しい技術を学ぶ場合、受講料がタダになる上、受講手当や通うための交通費まで支給してくれます。
しかも、失業給付の基本手当に上乗せというありがたい制度です。大いに活用すべきですね。

●いくらもらえる?
技能手当は、受講手当、特定職種受講手当、通所手当が支給される。
①受講手当:日額600円 公共職業訓練等を受けた日数
②特定職種受講手当:月額2
000円 
③通所手当:月額最高42
500円 原則として、通所距離が2㎞以上であれば支給される。

●手続き方法
【対象者】公共職業安定所長の指示により、公共職業訓練等を受けることとなった受給資格者
【届出先】自分の住んでいるところを統括している公共職業安定所
【期 限】事由の発生後速やかに。
【必要なもの】公共職業訓練等受講届 受給資格者証

●ワンポイントアドバイス
公共職業訓練等を受講しない日、待機中の日、給付制限期間中および傷病手当の支給対象となる日は支給されません。

通諸手当は、マイカーやバイクの利用でも支給されます。(距離により規定されます)

家族と離れて暮らさなくてはならない場合は、寄宿手当を受けることも可能です。

キーワードでサイト内を検索