高年齢雇用継続基本給付金:助成金・給付金のお役立ち情報


« 教育訓練給付金 | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 高齢者再就職給付金 »

高年齢雇用継続基本給付金


年金の支給が2001年から段階的に65歳に引き上げられたため、60歳から65歳までやりくりが大変です。60歳以上になっても退職せずに継続して勤務し、給与が大幅にダウンした人を支援するための給付金です。


●いくらもらえる?
最大支給額:新給与の15%×5年間(給与が以前の給与の60%以下になった場合)
*61%~75%に下がった場合は、次の計算に基づいて支給されます。
支給額(月額)=(137.25÷280×60歳時の給与)-(183÷280×新しい給与) 

●手続き方法
【対象者】雇用保険の加入期間が5年以上で、60歳~65歳の人。
【届出先】公共職業安定所
【期 限】随時
【必要なもの】高年齢雇用継続給付支給申請書 60歳到達時の給与証明書 住民票


●ワンポイントアドバイス
新たな給与と給付金の合計額が348
8177円を超えた場合は、超えた部分は減額されます。
「在職老齢年金」の受給資格がある人が、高年齢雇用継続基本給付金をもらう場合は、「在職老齢年金」の一部が支給停止になりますので、ご注意ください。

別会社に再就職した場合は、「高齢者再就職給付金」で申請します。

キーワードでサイト内を検索