障害補償年金前払一時金と障害年金前払一時金(労災保険の給付):助成金・給付金のお役立ち情報


« 障害補償年金前払一時金と障害年金前払一時金(労災保険の給付) | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 障害補償給付または障害給付の支給額の調整 »

障害補償年金前払一時金と障害年金前払一時金(労災保険の給付)


障害補償年金または障害年金の受給権者は、一時的にまとまった資金を必要とする場合に一定額までまとめて前払いで受けられます。これは、車椅子や会社復帰のための必要な費用を先に受け取れる「前払い一時金」という制度です。
障害(補償)年金は、当該前払一時金の額に達するまでの間、支給停止されます。

障害補償年金は業務災害の場合、障害年金は通勤災害の場合です


●いくらもらえる?
給付基礎日額の200日分、400日分、600日分、800日分、1
000日分、1
200日分と障害等級ごとの限度額

【障害等級ごとの限度額】
第1等級 →1
340日分
第2等級 →1
190日分
第3等級 →1
050日分
第4等級 →920日分
第5等級 →790日分
第6等級 →670日分
第7等級 →560日分


●手続き方法
【対象者】障害等級が第1級から第7級までの労働者本人
【届出先】労働基準監督署
【期 限】障害補償年金または障害年金の申請と同時
【必要なもの】障害補償年金前払一時金請求書

●ワンポイントアドバイス 
同一の支給事由に関して1回限りの支給です。

キーワードでサイト内を検索