休業補償給付と休業給付(労災保険の給付):助成金・給付金のお役立ち情報


« 傷病補償年金と傷病年金(労災保険の給付) | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 障害手当金(社会保険の給付) »

休業補償給付と休業給付(労災保険の給付)


業務上の病気やケガで会社を休んで給料がもらえなかった場合、その第4日目から、休業補償給付または休業給付と休業特別支給金が支給されます。

休業補償給付は業務災害の場合、休業給付は通勤災害の場合です。

●いくらもらえる?
・ 休業(補償)給付
=(給付基礎日額の60%)×休業日数
・ 休業特別支給金
=(給付基礎日額の20%)×休業日数
計8割が支給されます。
非課税なので、実質的には、手取り金額は、通常の給料と同じくらいの額になります。
支給期間は4日目から休業が続く期間で、日数の制限はありません。
なお、休業の初日から第3日目は、事業主が労働基準法の規定に基づく休業補償(1日につき平均賃金の60%)を行うこととなります。

●手続き方法
【対象者】労働者本人
【届出先】会社所在地の労働基準監督署
【期 限】賃金を受けていない日ごとに発生しその翌日から2年
【必要なもの】休業補償給付請求書 会社と医師の証明書

●ワンポイントアドバイス
通院のため労働者が一部休業した場合は、給付基礎日額からその労働に対して支払われる賃金の額を控除した額の60%に当たる額が支給されます。

キーワードでサイト内を検索