障害手当金(社会保険の給付):助成金・給付金のお役立ち情報


« 休業補償給付と休業給付(労災保険の給付) | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 移送費(社会保険・国民健康保険の給付) »

障害手当金(社会保険の給付)


障害厚生年金はもらえないが、軽い障害が残った場合、一時金として障害手当金が支給されます。

●いくらもらえる?
【受給要件】
①初診日に被保険者であったこと
②初診日から起算して、5年を経過する日までに傷病が治って(固定して)いること。
③治った(固定した)日に政令で定める程度の障害の状態にあること(3級より軽い)。

障害厚生年金の3級の算式×200/100
ですが、1
191
800円(平成17年度価格)に満たない場合は1
191
800円となります。

●手続き方法
【対象者】被保険者本人
【届出先】社会保険事務所
【期 限】
【必要なもの】

●ワンポイントアドバイス
一度、障害手当金を受給してしまうとその後、障 害の程度が障害「年金」に該当するほどに悪化しても、同一の障害について障害年金を受けることはできません。

キーワードでサイト内を検索