傷病手当金(社会保険の給付):助成金・給付金のお役立ち情報


« 療養補償給付と療養給付(労災保険の給付) | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 高額医療費(社会保険の給付) »

傷病手当金(社会保険の給付)


病気やケガにより療養のため働くことができず、給料がもらえないときは、その間の生活の保障をするために傷病手当金が支給されます。

●支給要件

次のいずれにも該当する事が必要です。
○ 療養のためであること
○ 労務に服することができないこと
○ 継続して3日間労務不能状態であること


●いくらもらえる?
標準報酬日額の6割 が支給されます。(3日間は待機期間、4日目から支給されます)
支給期間の最長は1年6ヶ月です。

●手続き方法
【対象者】被保険者本人
【届出先】社会保険事務所 共済組合
【期 限】その都度
【必要なもの】傷病手当金請求書 会社の証明 医師の意見書

●ワンポイントアドバイス
この制度は、健康保険(健保)と共済組合に加入している人だけです。国民健康保険(国保)にはこの制度はありません。
また、次に該当する人はもらうことができません。
①出産手当金をもらっている人
②厚生年金の障害年金、または障害手当金をもらっている人
  ただし、支給されるべき傷病手当金の額が障害厚生年金または障害手当金の額よりも多い場合は、その差額が支給されます。
③労災保険の休業(補償)給付を受けている人
  ただし、支給されるべき傷病手当金の額が休業(補償)給付の額より多い場合はその差額が支給されます。

用語解説

【標準報酬(標準報酬月額)】
被保険者が実際に受けた報酬を一定の枠内にあてはめて、同じ枠内にあれば、多少の差はあっても全て同額の報酬をして扱うというもので、事務処理の簡素化を図るために設けられたものです。

【標準報酬日額】
標準報酬月額の30分の1相当額のことを言います。

キーワードでサイト内を検索