医療費の請求 保険証を持たずに医者にかかった場合:助成金・給付金のお役立ち情報


« 高額医療費(社会保険の給付) | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 障害補償年金差額一時金と障害年金差額一時金(労災保険の給付) »

医療費の請求 保険証を持たずに医者にかかった場合


旅先や事故・急病で保険証を持っていないときにお医者さんにかかることがあります。その場合、保険は適用されず、かかった治療費は全額自分で支払わなければなりません。
こうした場合の自分が払った医療費は、診察を受けた日の翌日から2年以内に申請すれば、「医療費の支給」として払い戻しを受けることができます。


●いくらもらえる?
保険診療の標準額(保険がきく医療機関で保険診療を受けた場合の金額)から自己負担分(3割)を引いた金額。
つまり、7割が返ってきます。

●手続き方法
【対象者】被保険者
【届出先】健保:社会保険事務所 共済組合 
国保:市町村役場
【期 限】速やかに(受診した日の翌日から2年以内)
【必要なもの】健康保険療養費支給申請書 治療費の支払明細書

●ワンポイントアドバイス
保険のきかない医療機関での治療費は、全額自己負担になります。

キーワードでサイト内を検索