遺族補償年金(労災保険の給付):助成金・給付金のお役立ち情報


« 障害補償年金差額一時金と障害年金差額一時金(労災保険の給付) | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 遺族補償一時金(労災保険の給付) »

遺族補償年金(労災保険の給付)


労働者が業務災害や交通災害で亡くなられたとき、遺族補償給付が支給されます。
遺族(補償)給付には、遺族(補償)年金と遺族(補償)一時金の2種類があります。

遺族補償年金は、労働者の死亡当時その収入によって生計を維持していた遺族が、受給資格者とされています。支給は、受給資格者のうち最先順位の者(受給権者)に支給されます。

●いくらもらえるか? 
遺族の数等に応じて、遺族補償年金、遺族特別支給金及び遺族特別年金が支給されます。
なお、受給権者が2人以上あるときは、その額を等分した額がそれぞれの受給権者が受ける額となります 。

○遺族補償年金:遺族の数等に応じ、給付されます。
・1人  → 給付基礎日額×153日分(ただし、55歳以上の妻、または一定の障害の状態にある妻の場合は給付基礎日額の175日分)
・2人  → 給付基礎日額×201日分
・3人 →  給付基礎日額×223日分
・4人以上→ 給付基礎日額×245日分

○遺族特別支給金(一時金) :遺族の数にかかわらず、一律300万円

○遺族特別年金:遺族の数等に応じ、算定基礎日額の153日分から245日分の年金

●手続き方法
【対象者】労働者の死亡当時その者の収入よって生計を維持していた遺族
【届出先】労働基準監督署
【期  限】
【必要なもの】

●ワンポイントアドバイス

キーワードでサイト内を検索