退職共済年金について:助成金・給付金のお役立ち情報


« 年金の繰り上げ請求 | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 振替加算について »

退職共済年金について


基本的には老齢厚生年金と同じです。

違いは、「職域加算」という独自の上乗せ給付があるところです。いわゆる3階部分があるということです。

もうひとつの違いは、特別支給の退職共済年金(一般企業:特別支給の老齢厚生年金)の支給開始年齢引き上げのスケジュールが男女同じです。

《参考:特別支給の老齢厚生年金》
老齢基礎年金の受給要件を満たしている者で、厚生年金保険の被保険者期間が1年以上あれば、65歳前に「特別支給の老齢厚生年金」を受給することができます。

その支給開始年齢は、
 ①  昭和16年4月1日以前生まれの男子、および②以外の女子は60歳。
 ②  昭和15年4月1日以前生まれの女子で、厚生年金保険に20年以上か、
   35歳以上で15年以上加入している者は、以下の表のとおり。


生 年 月 日         支給開始年齢
昭和 7. 4. 1以前生        55歳
昭和 7.4.2~昭和 9年4.1生   56歳
昭和 9.4.2~昭和11.4.1生   57歳
昭和11.4.2~昭和13.4.1生 58歳
昭和13.4.2~昭和15.4.1生   59歳

その年金額は、
       (定額部分)+(報酬比例部分)+(加給年金額)  となります。
「特別支給の老齢厚生年金」は、60歳到達日に、その受給権が発生し、65歳到達日に消滅して失権します。
この間、適用事業所に在職していれば、厚生年金保険の被保険者となります。その報酬月額により、「在職老齢厚生年金」が支給されます。ただし、その年金額の一部、あるいは全額が支給停止となります。「特別支給の老齢厚生年金」には、「繰下げ支給」の制度はありませんので、例えば、62歳で請求しても、年齢で加算があることはありません。

 昭和16年4月2日以降生まれの男子は、その支給開始年齢が、61歳以降に引き上げられている。
 【厚生年金保険法附則第 8条、第11条、第12条】 

キーワードでサイト内を検索