特別支給の老齢厚生年金:助成金・給付金のお役立ち情報


« 加給年金について | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 老齢厚生年金について »

特別支給の老齢厚生年金


特別支給の老齢厚生年金とは、60歳~65歳未満の人がもらえる老齢厚生年金のことです。その中身はさらに、「報酬比例部分」「定額部分」とに分けられます。

・報酬比例部分:在職中の報酬に比例して支給される部分のこと。65歳になると老齢厚生年金に移行する。

・定額部分   :在職中の報酬に比例せず、加入年数に比例して支給される部分のこと。65歳になると老齢基礎年金に移行する。65歳以前にもらっていた定額部分の額が、老齢基礎年金の額を上回っていた人に対しては、65歳からの年金受取額が少なくならないよう加算調整されます。これを「経過的加算」といいます。

この「特別支給の老齢年金」は、受給者の生年月日ごとに段階的に支給開始年齢が引き上げられ、2025年には廃止となります。

●いくらもらえるの?
①報酬比例部分
平均標準報酬月額×7.125/1
000(乗率)×被保険者期間の月数×物価スライド率

②定額部分
1
676円×被保険者期間の月数×物価スライド率

●手続き方法
【対象者】老齢基礎年金をもらう資格があり、厚生年金に1年以上加入していた人
【届出先】市町村役場 社会保険事務所 
【期 限】随時
【必要なもの】老齢給付裁定請求書 自分の配偶者の年金手帳 戸籍謄本 住民票など


【支給開始年齢】

一  般  男  子            女     子
  生 年 月 日  開 始 年 齢  生 年 月 日  開 始 年 齢
定額部分 報酬比例 定額部分 報酬比例                
昭和16年4月1日以前    60歳 60歳 昭和21年4月1日以前 60歳 60歳
昭和16年4.2~18.4.1 61 60 昭和21年4.2~23.4.1 61 60
昭和18年4.2~20.4.1 62 60 昭和23年4.2~25.4.1 62 60
昭和20年4.2~22.4.1 63 60 昭和25年4.2~27.4.1 63 60
昭和22年4.2~24.4.1 64 60 昭和27年4.2~29.4.1 64 60
・s.24.4.2~28.4.1の人は60歳から

報酬比例部分のみ(定額部分無し以下同様)

・s.28.4.2~30.4.1の人は61歳から

報酬比例部分のみ

・s.30.4.2~32.4.1の人は62歳から

報酬比例部分のみ

・s.32.4.2~34.4.1の人は63歳から

報酬比例部分のみ

・s.34.4.2~36.4.1の人は64歳から

報酬比例部分のみ

・s.36.4.2以後の人は65歳から

報酬比例部分のみ

s.29.4.2~33.4.1の人は60歳から

報酬比例部分のみ(定額部分無し以下同様)

s.33.4.2~35.4.1の人は61歳から

報酬比例部分のみ

s.35.4.2~37.4. 1の人は62歳から

報酬比例部分のみ

s.37.4.2~39.4.1の人は63歳から

報酬比例部分のみ

s.39.4.2~41.4.1の人は64歳から

報酬比例部分のみ

s.41.4.2以後の人は65歳から

報酬比例部分のみ

キーワードでサイト内を検索