カラ期間とは:助成金・給付金のお役立ち情報


« 老齢厚生年金について | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 老齢基礎年金について »

カラ期間とは


カラ期間とは 、1961年(昭和36年)4月以降で20歳から60歳になるまでの間に国民年金に任意加入しなかった人たちのために、受給資格期間25年に算入する期間として設けられました。必要年数に達しているかどうかをみるときには算入されますが、年金額には反映されません。

なお、学生等の保険料納付特例制度または30歳未満の保険料納付猶予制度の適用されている期間は合算対象期間には算入されますが、年金額には反映されません。ただし、これらの期間中に障害になったり死亡した場合は、障害基礎年金や遺族基礎年金の支給対象とされています。

合算対象期間は、国民年金の任意加入の対象者であって任意加入していなかった期間などでその代表的な期間には、次のような期間があります。

1)昭和36年4月から昭和61年3月までのサラリーマン(厚生年金や共済組合等の加入者)の配偶者であった期間(別名で配偶者期間ともいいます)
2)日本国民で海外に居住していた昭和36年4月以降の20歳以上60歳未満の期間
3)平成3年3月以前の学生であった期間のうち20歳以上60歳未満の期間
4)平成12年4月以降の学生等の納付特例制度の適用を受けて、保険料を追納していない期間
5)平成17年4月以降の30歳未満の保険料納付猶予をされた期間で保険料を追納していない期間
6)厚生年金や共済組合の加入期間のうち20歳未満の期間、または60歳以上の期間
7)昭和36年3月以前の厚生年金や船員保険の加入期間
8)厚生年金の脱退手当金を受けた期間のうち昭和36年4月以降の期間

キーワードでサイト内を検索