2階建ての公的年金制度:助成金・給付金のお役立ち情報


« 国民年金の仕組み(被保険者の種類) | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 公的年金の給付の種類は? »

2階建ての公的年金制度


日本の公的年金制度は2階建てといわれています。昭和61年4月から公的年金の大幅な改正により、民間サラリーマンや公務員は国民年金にも加入することが義務付けられたからです。これまで任意加入だったサラリーマンの妻も強制加入となりました。
そうして、1階部分は、みんなが入る国民年金(基礎年金)、2階部分は報酬比例の年金として厚生年金(サラリーマン)や共済年金(公務員)という2階建て年金のかたちになりました。

自営業者は基礎年金だけなので、サラリーマンや公務員に比べて、将来受取れる年金額は少なめです。
そこで、自営業者など第一号被保険者が、基礎年金に上乗せして加入できる2階部分の年金として、1991年4月に導入されたのが『国民年金基金』です。加入したい人だけが「任意で加入」する点と、受取額や方法を「いくつかの選択肢の中から選べる」点、そして加入するときに「受取れる額が決まっている」点が大きな特徴です。

《国民年金基金制度とは?》

国民年金基金は、自営業の方やフリーで働く方がサラリーマン並の年金を受け取れるようにするための公的な年金制度です。自分の収入にあわせて設計でき、将来受けとる年金を確実に増やすことができます。
サラリーマンは厚生年金のような上乗せ分がありますが、それ以外の方は、自分で上乗せ分を用意しないと生活の基礎部分の年金しか受給できません。
ゆとりある老後を送るためにも、国民年金基金制度を是非ご活用ください。


●どんな人が加入できるの?

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます。(全額免除、一部免除、学生納付特例および若年者納付猶予を受けられている方は対象となりません。)

キーワードでサイト内を検索