特例任意加入の特例を昭和40年4月1日生まれまでに  年金改正概要⑥ :助成金・給付金のお役立ち情報


« 30歳未満の無職・低所得者への国民年金保険料猶予  年金改正概要⑦ | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 育児休業中の保険料免除を子供が3歳までに拡充  年金改正概要⑤ »

特例任意加入の特例を昭和40年4月1日生まれまでに  年金改正概要⑥ 


(2005年4月実施)
特例任意加入の特例

国民年金の保険料納付期間が年金受給要件である25年を満たしていない人のために、ないとできないため、65歳から70歳に達するまでの間、険料を納付できる特例任意加入制度があります。
これまでは、昭和30年4月1日以前生まれまでの方が対象でしたが、基準を満たしていない人々を救う必要性から、特例の適用を昭和40年4月1日以前生まれまで10年引き伸ばされました。

キーワードでサイト内を検索