医療費控除:助成金・給付金のお役立ち情報


« 確定申告をしなくてもいいけど、したら得する人 | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 児童手当 平成18年4月1日改正 »

医療費控除


一家庭で10万円を超える医療費を払った人

生計を一(いつ)にする家族全員の医療費の額が10万円を超えた場合、その越えた部分
について控除が受けられ、確定申告をすると納めた税金が返ってきます。

支払った医療費-保険等で補てんされる金額-10万円=医療費控除額


○ポイント
・一番所得の多い人(税率が高い人)で申告すると、還付の額が高くなります。
・治療代だけでなく、通院費用や薬局で買った風邪薬や介護用オムツなど費用も対象
になります。

【医療費控除の対象となる費用】
■領収書などがあれば認められる費用
・医師や歯科医師に支払った診療費
・医療品の購入費用
・入院費用や通院費用
・マッサージ・指圧師、鍼灸師、柔道整復師などに支払った施術費
・療養に必要な看護士への世話代
・在宅療養の介護費用及び在宅サービスの自己負担額
■領収書のほかに医師の証明書なども必要なもの
・寝たきり老人のおむつ代
・患者の親族へのB型肝炎のワクチン接種費用
・高血圧や糖尿病など、成人病の運動療法の費用
【医療費控除の対象にならない費用】
・美容整形の手術費用
・治療目的ではない歯の矯正費用
・医師や看護士への謝礼
・健康増進や疾病予防のための医薬品購入代金
・人間ドックの費用
・近視や遠視のメガネ代
・出産のための里帰り費用

キーワードでサイト内を検索