高額療養費支給の限度額引き上げ(2006年10月から):助成金・給付金のお役立ち情報


« 労災保険の保険料率は事故件数によって業種ごとに基準が決められています。 | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 平成18年度少子高齢化等対応中小商業活性化事業 »

高額療養費支給の限度額引き上げ(2006年10月から)


高額療養費支給制度が所得により2006年10月から変わります。

上位所得の月収の基準や多数該当の上限額も変わり、負担が増えます。

収入の多い人工透析の患者の負担も2倍になります。

病気やけがでお医者さんにかかり、医療費を一定額以上負担したとき、基準額を超えた分が申請により払い戻されます。

 これを「高額療養費支給制度」といいます。

国民健康保険などの政府管掌健康保険は、自分から申請しないとお金は戻りません。

また、支払から返還まで数ヶ月かかり、その間は患者側が立て替える形です。

そこで来年4月からは立て替えなくてすむよう、医療機関での支払を原則として最初から上限と見通しになりました。

わからないことは、保険の加入先や医療機関の相談室にお尋ねください。

【69歳以下】

表(1)

限度額 住民税

課税世帯

上位所得者

(月収53万円以上)

↑↑

(月収56万円以上)

139 800円→ 150 000円

 実際の医療費が500 000円(466 000円)

超えた場合は、超えた分の1%を

限度額(150 000円 )に加えます。

上位所得者

以外の方

72 300円→ 80 100円

 実際の医療費が267 000円(241 000円)

超えた場合は、超えた分の1%の

額を限度額(80 100円)に加えます。

住民税非課税世帯35 400円(変わりません)

表(2)

4回目から

の限度額

住民税

課税世帯

上位所得者77 700円→83 400円
上位所得者

以外の方

40 200円→44 400円
住民税非課税世帯24 600円(変わりません)

キーワードでサイト内を検索