発売高齢者向け傷害保険「シニアの救急箱」を発売|富士火災海上保険:助成金・給付金のお役立ち情報


« 出産育児一時金 一律35万円にアップ(2006/10/01) | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 日本スポーツ振興センター災害救済給付制度 »

発売高齢者向け傷害保険「シニアの救急箱」を発売|富士火災海上保険


傷害保険 「シニアの救急箱」:50歳からシニア層を対象に幅広い補償を提供

富士火災海上保険株式会社から、9月26日(保険始期:10月1日)から、

高齢者を対象とした傷害保険「シニアの救急箱」を発売されます。

現在、日本は、65歳以上の高齢者人口の割合が20.04%(2
560万人)と世界最高水準となり、

高齢化が急速に進む中、公的医療保険制度の改定等も予定され、

適切な医療を受けるために今後ますます個人の自助努力が必要な時代となっています。

一方、リタイヤ後も活発な活動を続ける生活を送るシニア層が増えており、

ケガの補償に対するニーズも高まりを見せています。


富士火災は、こうした背景を受けて、医師の診査、健康告知がなく、

満50歳から満98歳までの人が加入できる傷害保険を開発したとのことです。

シニアマーケットにおいて、同様な障害保険は今後ますます需要が高まってきますね。


補償内容は、

●基本保険金:ケガで1日でも治療を受けた場合の一時金

●部位症状別保険金:ケガの「部位」と「症状」に応じた一時金

●骨折時生活支援一時金:下半身の「骨折」や「脱臼」には、さらに手厚い補償で

対応する特長があります。

さらに、長期入院重度後遺障害による要介護状態にも

(長期入院一時金および重度後遺障害時介護一時金)の一時金でサポートするなど、

幅広いケースへの補償に対応しています。

また、「シニアの救急箱」の加入者に対しては、
「人生応援サービス」という視点から

健康相談、医療相談を含む全国700カ所以上の

人間ドック施設の紹介から予約代行までをサポートする

「人間ドックトータルサービス」が無料で提供され、

今後もサービス拡充をしていくとのこと。


・富士火災海上保険株式会社    

キーワードでサイト内を検索