出産一時金支払い 市町村で対応に差:助成金・給付金のお役立ち情報


« 出産育児一時金が一律35万円にアップ! 10月1日から | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | グレーソーン金利と自殺保険 »

出産一時金支払い 市町村で対応に差


今回の出産育児一時金の改正で、10月1日から従来の30万円から35万円に増額されたこととあわせて、事前の手続きをしている場合、出産育児一時金を保険者が医療機関に直接支払う受領委任払い制度も盛り込まれています。

これは、妊娠中に出産費用を準備する必要がなく、出産後のやりとりは保険者と医療機関の間で行うため、お金と申請手続きの負担が大いに軽減されます。

しかし、厚生労働省はその運用を推奨するだけで、実施の判断は各保険者に委ねられています。

そのため、会社員などが加入する社会保険では、ほとんどの機関で増額と同時に同制度にも対応していますが、国保の申請先である市町村では対応にかなりの差が生じていいます。

キーワードでサイト内を検索