太陽光発電システム補助金:助成金・給付金のお役立ち情報


« 低公害車購入費補助金 | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 建設業退職金共済制度とは »

太陽光発電システム補助金


石油エネルギーは枯渇の道を歩んでいます。にもかかわらず、世界のエネルギー消費量は増え続けています。

さらに石油エネルギーの使用によって、大気汚染や酸性雨や地球温暖化など今や地球の生活環境は悪化し続けています。

ここにきてクリーンで膨大な太陽エネルギーを使わない手はありません。

太陽光エ発電システムは、太陽の光を直接電気に変えるので、地球温暖化現象の原因であるCO2(二酸化炭素)、SOX(硫黄酸化物)、NOX(窒素酸化物)などの排出ガスの心配もなく、もちろん振動、騒音もありません。

CO2の削減効果は1kWシステム当たり年間で約180kg、原油削減量 は1kWシステム当たり年間で243リットルです。
(出典:公共・産業用太陽光発電システム(太陽光発電協会))


また、太陽電池等を製造・運用・廃棄する際に要するエネルギーを太陽光発電が年間発生するエネルギーで回収する期間(エネルギーペイバックタイム)は結晶系太陽電池で2.4年、アモルファスで2.1年程度かかります。
太陽電池の耐用年数は一般的に20年以上とされていますので、投入エネルギーを回収したあとも、更にエネルギーが得られます。

現在主に利用されている石油などの化石燃料、あるいは原子力に対し、新エネルギーは、太陽熱、風、あるいは空気や水など、環境を汚さないきれいな循環型エネルギー、半永久的に利用できるのが新エネルギーと言われています。

《太陽光発電 補助金》

太陽光発電を設置するにあたって、補助金(助成金)が支給される制度があります。
これは、地球温暖化防止に貢献する環境エネルギー促進の施策であり、国や地方自治体が太陽光発電設置を奨励しますよ、ということなんですね。

平成17年度までは、国による補助金(助成金)制度がありましたが、すでに終了してしまいました。
ただし地方自治体では太陽光発電設置への補助金(助成金)を継続しているところもあります。

キーワードでサイト内を検索