住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金が復活:助成金・給付金のお役立ち情報


« 住宅ローン減税の最大化や道路財源の地方への1兆円配分を指示 | 助成金・給付金のお役立ち情報トップページ | 定額給付金・第2次補正予算案強行採決で衆院通過 »

住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金が復活


住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金が復活し、平成21年度は、1月13日(火)~ 3月31日(火)で募集が始まりました。


太陽光発電の補助金制度は、平成17年(2005年)度で受付が終了していました。太陽光発電・発電量累計ランキング世界1位だった日本ですが、それ以降、太陽光発電の導入には、どうしても経済的な負担が大きいため、太陽光発電の導入量は伸び悩んでいました。


太陽光発電は、環境を考えた住まいとして今やCO2削減には最良の決め手です。もちろん、家計にうれしい電気代の支払いが確実に少なくなりますね。冬場でも思った以上の発電もありましたとの報告も。


補助金の概要は以下のとおりです。

 経済産業省では、住宅用太陽光発電システムの設備導入費用を支援するため補助事業を行いますので、その概要をお知らせします。
 申請受付は、補助事業を行う有限責任中間法人太陽光発電協会が、各都道府県受付窓口団体を通して行います。



<補助金交付の目的>
 京都議定書目標達成計画等で示されている太陽光発電の導入目標を達成するため及びその後の太陽光発電の大量導入を可能とするため、住宅用太陽光発電システムの価格低下を促しつつ市場の拡大を図ることを目的とする。

<募集期間>
 募集期間:平成21年1月13日(火)~ 3月31日(火)

<補助の概要>
・補助金額
  対象システムを構成する太陽電池モジュールの公称最大出力1kW当たり 7万円
・補助金予算額及び想定補助件数
  総額90億円の補助金予算により35,000件程度の補助件数を想定
・対象者
  自ら居住する住宅にシステムを設置する個人で、電灯契約をしている方
・対象システム
以下の要件を満たすことを条件とする。
①太陽電池モジュールの変換効率が一定の数値を上回ること(太陽電池の種別毎に基準値を設定)。
②一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること。
③最大出力が10kW未満で、且つシステム価格が70万円(税抜)/kW以下であること。

 ※要件の詳細は、有限責任中間法人太陽光発電協会の定める「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金 交付規程」をご覧ください(http://www.j-pec.or.jp)

キーワードでサイト内を検索